DropBox(ドロップボックス)の無料で使える容量とは?ダウンロード方法から使い方まで徹底解説!

DropBox(ドロップボックス)の無料で使える容量とは?ダウンロード方法から使い方まで徹底解説!

こんにちは、赤星です。

ドロップボックスは「データなど」をインターネット上に保存できる
無料でも十分に利用することができるネット上の資料庫です。

あなたが作成したPDFやプレゼン用のパワポ資料、
音声や動画、音楽などの「データ」や「情報」を
インターネット上に保管することができ、
それらをスマホやPCに関わらずどこからでも閲覧ができます。

現在、スマホの容量がいっぱいで困っていた、
パソコンの資料をどうやったら持ち運べるのかと悩んでいた場合には
非常に役に立つと思います。

早速、ドロップボックスのダウンロード&インストール方法について
動画で解説しましたので是非参考になさってください。

>>ドロップボックスの公式サイトはこちら<<

 

そもそもDropBoxとはなんぞ?

「ドロップボックスが利便性の高いツールということはわかったけど、
一体ドロップボックスって何なん?」

サクマ式ドロップスのパクリですか?

何なんですか?

サクマ式ドロップスのパクリですか?

サクマ式ドロップスのパクリですか?

 

ドロップボックスは決してサクマ式ドロップスのパクリではありません。笑

ドロップボックスは「オンラインストレージサービス」です。

まあこんな横文字を並べられても日本人の僕たちにとっては
そこから意味を読み取ることが難しく感じるかもしれませんが、
要は「オンライン(ネット上)」の「ストレージ(保管)」ということ。

実は単語そのまんまの機能や意味です。

また、こういったオンラインストレージサービスは
ドロップボックスだけではなく、他にも似たようなサービスがあります。

それは、

  • Google Drive(グーグルドライブ)
  • One Drive(ワンドライブ)

です。

それぞれについて簡単に紹介しておきますね。

 

オンラインストレージサービス「Google Drive(グーグルドライブ)」とは?

グーグルドライブとは、Googleサービスの一部であり
Googleアカウントを持っていると「無料」で利用することができるサービスです。

Google系列のサービスはアカウントを取得すると15GBの容量を
無料利用することができるので、他のオンラインストレージサービスと比べると
遥かに大きい量を利用することができるのですが、
あくまでもグーグルドライブだけではなくGmailやGoogle+と合わせてです。

メールサービスといえば最近はGmailが主流ですので、
Gmailを利用している人も多いと思いますが、
やはりメールの容量は結構使うと思います。

Googleサービスの一部ということで一元管理できるという利便性はあるものの
同系列のサービスと共同の容量になるという観点から見ると
グーグルドライブの利用は少し避けたいというのが本音です。

Googledrive(グーグルドライブ)の公式サイトはこちら

 

オンラインストレージサービス「One Drive(ワンドライブ)」とは?

ワンドライブはマイクロソフトのOffivce関連の書類をメインで扱う場合には
利用した方が良いサービスです。

なぜならOffice系のアプリである「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」
「PowerPoint(パワーポイント)」などはPCのみでなくiPhoneからも
操作できるようになっているからです。

その際に文書を保存することになるのがワンドライブであり、
そこへアクセスすることでiPhoneなどからも保存が可能になります。

OneDriveの公式サイトはこちら

 

DropBoxの無料で使える容量とは?有料版にした方が良いのか?

ここまでオンラインストレージサービスについて
ドロップボックス以外のサービスを紹介してきましたが
そんな中でも僕がオススメするのはドロップボックスです。

なぜならその使い勝手一番良いからですね。

オンラインストレージサービスにはそれぞれのメリット・デメリットは
ありますが、それらを考慮した上でのドロップボックスになります。

ちなみに僕は有料版の1TBで利用しています。

DropBoxの無料で使える容量とは?有料版にした方が良いのか?

DropBoxの無料で使える容量とは?有料版にした方が良いのか?

 

元々は僕もオンラインストレージサービスを知った際には
先ほど紹介したサービスを利用した無料で結構な容量を使っていたのですが
どうも管理するのが面倒になりました笑

インターネットを活用したビジネスを営んでいると
やはり自身が扱うデータや情報、資料、音声などの量は
かなり膨大な量になっていきます。

あなたもデータが混雑してしまい、
どこに何があるのかが分からなってしまったという
ご経験があるのではないでしょうか。

よく言われている血液型がAタイプの整理整頓能力に
長けた方であればそういった部分はしっかりとしているとは思いますが
世の中の4分の3はそうではないと思います笑

なのでインターネットを活用したビジネスを営むのであれば
今後のためにもデータの一元管理をしていくと良いですよ。

ちなみにドロップボックスは無料で2GBまで利用することができますが
そんなの一瞬で使い切ってしまいますからね笑

それに1TBにした際の料金というのも月1000円ですので
そこまで大きくはないと思いますし
3つのサービスを行き来する時間を考慮したら圧倒的に破格です。

インターネットを使ったビジネスを営んでいく場合には
ぜひ「有料版」のドロップボックスをご検討ください。

ドロップボックスの公式サイトはこちら

 

【おまけ】Dropboxの新機能-DropBox Paperとは?-

最近新しく導入されたドロップボックスペーパーという機能は
チームで共同の作業をする際などに利用できます。

同時刻に同じドキュメントに対して作業することができますので
例えば「リアルタイム」に同時資料作成ができたり、
動画を差し込むと一緒にそれを見ることもできます。

こういったチームでの共同作業を行えるサービスというのは
最近、結構増えてきていますよね。

きっと世の中の流れが「個人からチーム」
という風になってきているのだと思います。

僕の記事を読んでくださっているあなたと一緒に
ビジネスを展開していくことができると嬉しいですね。

その理由を実はこちらの記事で書いています。

結果に繋がる作業に没頭し、ビジネスに熱中する劇薬とは?

これからの時代のネットビジネスに興味がある場合には
以下の記事でプレゼントしている資料なんかは非常に勉強になると思います。

ブログアフィリエイター山口祐樹のX軸Y軸限定セミナーに参加した感想。【プレゼント付き!】

 

DropBox(ドロップボックス)の無料で使える容量とは?ダウンロード方法から使い方まで徹底解説!-最後に-

最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました!

この記事があなたのビジネスの加速や人生がよくなるきっかけになれば幸いです。

今回紹介したドロップボックスは
その使い方さえ一度覚えてしまえば、
どこからでも情報を出し入れ、手直しができてしまう
ドラえもんの四次元ポケットのようなものです。

きっとあなたのビジネスに役立ちますので
ぜひ生かしてみてくださいね。

また、その他にもビジネスに役立つツールを
幾つか紹介していますので参考にしてみてください。

お役立ちツール・ソフトのコンテンツ一覧

 

その他コンテンツではビジネスに役立つスキルアップや
稼ぐために不可欠な情報を紹介していますので参考までに。

コンテンツ一覧

 

では!

 

赤星達也

 

自由な人生を手に入れる方法をまずは無料で知りたい方へ(月一回の無料オンラインセミナー参加権付き!)

*お名前(姓)
*メールアドレス

  • ご登録いただいたアドレスに対してスパムメールを送ることは絶対にありません。
  • 個人情報の保護には細心の注意を払っておりますので、ご安心ください。

今回の記事について質問・疑問がある場合には下記のフォームよりお問い合わせください。

  • お送り頂いた内容は絶対に表に出すことはありませんのでご安心ください。
  • 個人情報の保護には細心の注意を払っておりますのでご安心ください。
  • 短縮URL作成&無料クリック解析ツール『Pretty Link Lite』のダウンロードと使い方を徹底解説!
  • 情報発信者必須!メルマガ配信スタンド”アスメル”の契約方法を徹底解説!
    情報発信者必須!メルマガ配信スタンド”アスメル”の契約方法を徹底解説!
  • 【無料&便利】独自ドメインメールアドレスの作成方法を徹底解説!
    【無料&便利】独自ドメインメールアドレスの作成方法を徹底解説!
  • ワードプレス初心者にオススメの作業効率化プラグイン4選!
    ワードプレス初心者にオススメの作業効率化プラグイン4選!
  • DropBoxの無料で使える容量とは?ダウンロード方法から使い方まで徹底解説!
    DropBox(ドロップボックス)の無料で使える容量とは?ダウンロード方法から使い方まで徹底解説!
  • Skypeのダウンロードと通話・画面共有などの使い方について徹底解説!
    Skype(スカイプ)のダウンロードと通話・画面共有などの使い方について徹底解説!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
自己紹介(プロフィール)
この度は当ブログから商品をご購入いただきありがとうございました。 下記のフォーマットに沿ってご入力いただき、最後に「送信ボタン」を押してくだ...
自己紹介(プロフィール)
この度は当ブログをご覧頂きましてありがとうございます m(__)m こちらから頂きました内容については基本24時間以内に返信するつもりですの...